残暑見舞いかな?

毎日暑いですね〜この言葉はもう聞き飽きたほどですが、やっぱり使わずにはいられない毎日です。昨日はフェーン現象の影響で同じ新潟県の6つの市が日本で一番暑かった市町村のナンバー10に入ってしまいました。お陰様で妙高高原はまだまだそこからは程遠いのですが、最近は日中、扇風機なしでは過ごせなくなってきましたね。(涙) 夕方気温が落ち着いたので散歩に。この暑いギラギラと輝く太陽に向けて元気いっぱいのひまわりと涼しさを運んで来ようとしているススキが並んでいるところが当に最近の天候を語っているようでした。 もう少し足を伸ばすと、棚田。稲穂がこんなに重く垂れ始めました。稲刈りもそれほど遠くないのでしょう。この猛暑の中、朝早くからお仕事されているお米作りの農家の方々、美味しい妙高のお米をいつもありがとうございます! 今日もまたまた猛暑日のようです。皆さん、くれぐれも熱中症には気をつけてくださいね。

久比岐サイクリングロード

今回で3回目になりますが、日本海を見ながら潮風を切って走れる素晴らしい久比岐サイクリングロード(直江津から糸魚川までの片道32km)へ友達と一緒に出かけてきました。朝は、サイクリングには丁度いい曇り空だったのですが、お昼前からは晴天。海の色も、日本海の水も信じられないほどの美しさでした。途中、能生の道の駅マリンドリームではベニズワイガニを思う存分楽しめます。このサイクリングロードは以前SLが走っていた線路跡地を利用しているので、昔のままのレンガ作りのトンネルなどその面影満点。オススメのサイクリングロードです。 (ロッジから日本海、直江津まで車で50分)

朝食前の散歩で見つけたものは?

今朝は雲ひとつない青空の涼しい朝だったので、お客様と一緒に朝食前の散歩に出かけました。青空をバックグランドにそびえ立つ妙高山はしばらく見とれてしまうほど美しく、楽しいお散歩でした。 帰り道はペチャクチャと話に花が咲いていた時、え?っと目に留まったものは、なんと秋の訪れを告げる3つの風景。日本中が毎日のように猛暑で熱中症の警報が出ているというのに ”これっ本当?”っと疑ってしまいました。(苦笑) オレンジに染まりかけてる紅葉、朝の涼しい風に揺れるススキ、そして萩の花 言うまでもなく、今朝の朝食はいつも以上に美味しかったですよ。(笑顔)  

今年最初のBBQパッケージは?

  昼間の暑さも落ち着き、夕方からはBBQパッケージを楽しまれるレディースグループの皆さん。 夕涼みをしながら地ビールも一緒に進んでいるようでした。

蕎麦の双葉

暑くなる前に今朝は野尻湖までサイクリング。その途中の田んぼの合間合間になんだかごま塩をふったような不思議な風景がそこら中にあって近くに行ってみると。。。 10月に私たちが美味しくいただいているあの”蕎麦の双葉”だったのです!!! 蕎麦は荒地でもよく育つとは聞いていたけれど、ここまで雑に蒔かれていても育つのですね。すごい生命力! 来月にはここ一面に白の美しい花を咲かせてくれるのが楽しみ! そして、もちろん10月に食べられる新蕎麦を楽しみにしていま〜す。

額アジサイ満開

今年は梅雨が長引いて毎日雨ばかり。でも、めげてはいけない!とレインコートを着て散歩に。雨の中でも、それとも雨の中だからなのか額アジサイがとっても綺麗に咲いていました。本当にアジサイにはたくさんの種類があるんだな〜っとつくづく感じた今日でした。行き当たる全ての種類を写真に撮っていたらまだ帰宅していないかも???(苦笑) 帰りにはまた雨がポツポツ降り始めたけれど、アジサイを見ていたら雨なんか関係なし。

ねじれ草とモンシロチョウ

玄関前の芝生にポツポツと顔を出してきたねじれ草にモンシロチョウが止まっている姿がなんとも言えなくて。こういう光景に出会うたびに、”あ〜妙高って本当に平和な所だな”って思うのは私だけかしら??? ロッジ前の通りに植えたミニ花壇の花達も賑やかになってきました。梅雨が明けて太陽がもっと顔を出してくれたら私の大好きなひまわりが咲いてくれるんだけどな〜

りんごオーナー

今年も長野県飯綱町にある山下農園のりんごオーナーになりました。梅雨に入ってからしばらくご無沙汰だったのですが、今日久しぶりに様子を見に訪れて見ました。うわ〜!既にテニスボールくらいの緑色のりんごがたくさん実っていました。昨年同様どの木の枝も重たそうに垂れていて今年も豊作が望めそう。楽しみ〜  

今夏初のお客さん!

今晩台所で片付けをしていたら珍しい飛び入り客。今年初のクワガタでした。特にいたずらをするでもないので、庭の木に放してあげました。また遊びに来てね〜

妙高赤倉窯 陶芸体験

今日はロッジから車で5分の所にある妙高赤倉窯で陶芸体験を近所のロッジオーナー友達と一緒にしてきました。地元の妙高山から採ってきた土で作られた粘土を与えられて、そこからぐにゃぐにゃと好きな器を形つくる作業でした。この後は赤倉窯のユイさんがゆっくりと自然乾燥後、焼成し、焼きあがった作品を手渡してくれます。温度や湿度によって変動はあるそうですが、完成にはだいたい2〜3ヶ月かかるそうです。どんなのができるかとっても楽しみ。 完成作品は2ヶ月後にまたこのページで。乞うご期待を!