ご予約はホームページのお問い合わせ、または直接お電話でどうぞ。
Go To トラベルキャンペーンの割引はどちらの予約方法からでも適応となります。
Go To Travelキャンペーン公式サイト Staynavi からも予約可能です。

Myoko Mountain Lodge
winter lodge

妙高マウンテンロッジ

妙高で一緒に沢山の思い出を 作りましょう

家族連れ、サークルやクラブの皆んなでスキーホリデー
妙高にはロードバイクでもマウンテンバイクでも楽しむ所が一杯
妙高戸隠連山国立公園 秋の散策 苗名滝

オーナーの自己紹介

初めまして、マイケルと玉美です。

結婚して28年、これまでの休暇の過ごし方と言えばホテルに泊まるよりテント生活がほとんどだったという、アウトドアが大好きな私達です。20年過ごしたオーストラリアのタスマニアではほとんどの山を歩きつくしました。時折日本に帰国した際は、日本アルプスの山々を楽しみ、夏の期間山小屋で働いたこともありました。趣味はランニング、サイクリング、登山、スキー、スノーシュー、そしてウインドサーフィンです。
イギリス人のマイケルは冗談好き。ユーモアに溢れた会話で、朝から晩までゲストの皆さんを笑わせています。エンターテイメント業界で36年働いていた彼の発案で、ロッジには常に皆さんが心地良くくつろいでいただけるような雰囲気とBGMが流れています。

オーストラリアで旅行コンサルタントとして20年働いていた私は、その経験をもとに皆さんの旅行のお手伝いも喜んでさせていただいております。
今年で(2020年)開業5年目を迎えます。これも日本中のそして遠く海外から来てくださった皆様のお陰だと感謝しております。
四季折々の美しさと自然の恵みに抱かれた”妙高マウンテンロッジ”で、皆さんと一緒に楽しく過ごすひと時を心待ちにしております。

オーナーの自己紹介

初めまして、マイケルと玉美です。

結婚して26年、これまでの休暇の過ごし方と言えばホテルに泊まるよりテント生活がほとんどだったという、アウトドアが大好きな私達です。20年過ごしたオーストラリアのタスマニアではほとんどの山を歩きつくしました。時折日本に帰国した際は、日本アルプスの山々を楽しみ、夏の期間山小屋で働いたこともありました。趣味はランニング、サイクリング、登山、スキー、スノーシュー、そしてウインドサーフィンです。
イギリス人のマイケルは冗談好き。ユーモアに溢れた会話で、朝から晩までゲストの皆さんを笑わせています。エンターテイメント業界で36年働いていた彼の発案で、ロッジには常に皆さんが心地良くくつろいでいただけるような雰囲気とBGMが流れています。

オーストラリアで旅行コンサルタントとして20年働いていた私は、その経験をもとに皆さんの旅行のお手伝いも喜んでさせていただいております。
開業して3シーズンの冬を 無事に乗り切ることができました。これも日本のそして遠く海外から来てくださった皆様のお陰だと感謝しております。
四季折々の美しさと自然の恵みに抱かれた”妙高マウンテンロッジ”で、皆さんと一緒に楽しく過ごすひと時を心待ちにしております。

ロッジ日誌

稲刈りの季節

9月の4連休も終わり、ちょっと一息。午後は秋の気持ちのいい風に誘われてロッジから車で20分ほどの長野県信濃町へ。妙高市は長野県と新潟県の県境に位置するので、ちょっと走るとすぐに長野県へ入ることしばしば。 北信五岳道路のあたりは田んぼが一面に広がる所。昔ながらの天日干し、機械での稲刈り、ぶらぶら歩きながらそんな様子を見ていると突然時が止まってしまったような気持ちに。もちろん、稲刈りの人たちは休む暇もなくお仕事されていました。(苦笑)お米作りの農家の方たち、本当にご苦労様です。そして美味しいお米作り有難うございます!

田んぼのおしゃれな警備員

いつもサイクリングをしていて気になっていた所、今日は自転車を停めて思わずカシャ! 黄金色に色づき始めた稲たちを色あざやかなカカシたちがしっかりと見張りをしていました。そして、上空には鷹警備員達の姿も。 これで稲刈りまではバッチリかも? 来月早々の新米が楽しみ〜  カカシさん、そして鷹さんご苦労様!

今年こそ信越トレイル

2年前に計画してから毎年台風でキャンプ場が水浸しになったりで計画中止になっていた信越トレイル。今年こそは!っと2日前にロッジから歩いていけるセクションに調査?に行ってきました。小雨が降りそうな日だったけれど合間合間には遠くの里山が見えたりなんとか無事に袴岳まで到着。一休みしてさあっと腰をあげると急に霧がかかり始めあっという間に一面霧。でも、そんなブナ林がまた一層幻想的で素敵でした。 次回はいよいよ信越トレイル挑戦できるかな?

蕎麦の花が満開

ちょうど1ヶ月ほど前に畑にゴマ塩を巻いたような写真を載せたと思いますが、その双葉たちがなんと今ではこんなに素敵な蕎麦の花を咲かせています。バックグランドの黒姫山と満開の蕎麦の花を見ると、本当にホットさせてくれるのです。自然の生命の素晴らしさ、その美しさ、そして有り難さ。 普段普通に食べている蕎麦の花を間近で見たことがない方に、”蕎麦の花を側で” (日本語のわからないマイケルには全く伝わらないのが残念、ハハハ 涙)  

その名も高原トマト

今年はトマトが豊作。プチトマトから大きいもの、イタリアントマトとその種類は数え切れないくらい。見た目は普通のトマトなのですが、高地(約海抜700mくらい)で育ったトマトは自然の甘みがしっかり詰まっていて、これこそトマト!!!って感じです。 今日のランチ用には黄色のプチトマトでトマトスープを。山ほどあったプチイタリアントマトはサンドライトマトに。 まだまだトマトは穫れそうなのでさあ次は何を作ろうかな〜

最高のバースデー

私ごとですが、実は昨日は?歳の誕生日でした。 友人、ロッジの常連さんから沢山のお祝いのメッセージをいただきました。どうもありがとうございました。 天気予報では台風一過と言うこともあって日中の温度が35度と言う猛暑予報が出ていたので、4時半に起き、5時半の日の出前にはマイケルと2人で斑尾山へ出発。ロッジからは車で20分弱という好条件。妙高高原は周囲に気軽に登れる山が沢山あるのでアウトドア好きには最高です。タングラムスキー場から登り始め、美しいブナ林を抜けると斑尾の山頂。最高のお天気で、目の前には妙高山がドーン!と、西の方角には日本海が、そしてその先には佐渡島がぼーっと見えるではないですか。 こんなに素敵なバースデーを有難う!