戸隠『夏越の祓』の『笹の輪』

今年も7月に入りました。という事は、2022年も半分が過ぎたという事ですね。 一昨日日曜日に(7月3日)戸隠神社の中社に施されている ”笹の輪” をくぐってきました。 「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」は、一年の折返しにあたる6月30日に各地の神社で行われる季節の行事で、1月〜6月までの半年分の穢れを落とし、残りの半年の無病息災を祈願する物だそうです。   これを読んでくださっている皆さまも残りの半年が、健康に、そして平和に過ごせますよう!

猛暑前のひととき

毎日猛暑続きですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年は、妙高高原でも遂に30度前後の毎日が続くようになってしまい、朝夕の高原の涼しさを除くと焼きつくような暑さの日中です(汗) 今日も日本各地で熱中症警戒警報が出されているので、その前に朝摘みのイチゴとポリッジ(オートミール)に季節の果物をたくさん乗せて、1日のエネルギー補給。 朝7時はまだまだゆっくりとデッキで朝食をとれる涼しさです。 あ〜このままでいてくれた。。。っと思いながらこの朝のひと時を楽しみました。 どうぞ皆さん、熱中症にかからないように健康管理をしっかりしてくださいね。

妙高山の夕暮れ

実は4日前になるのですが、夕方お客さんを池の平いもり池方面へ送って行った帰りに、突然こんな息を呑むような美しい妙高山が。 同じように見える夕暮れの色も、刻々とその様相を変えて、そこにどっしりと聳え立つ妙高山にしばらく見とれてしまいました。 自然の美って本当に素晴らしいですね。

本場イギリスのシェパードパイ

シェパードパイは最近では日本でも見かけるメニューとなってきましたが、我が家ではやっぱりイギリス人の夫、マイケルの十八番。 小さい頃からこれで育った彼にとってはお茶の子さいさい。材料は、至って簡単、ミンチ(できれば羊肉)、玉ねぎ、人参、グレービー、マッシュポテト用に沢山のじゃがいも。 早速、今晩の夕食のメニューとなりました。 お供をしてくれたのは、地元妙高・上越の岩の原ワイン。少しも気取ることのない、でも素敵なディナーでした。 リクエストがあれば、次回、お客さんにも是非お出ししたいと思います。 ”Yum!” (おいしい〜!)

いもり池で黄昏れる 

昨日、夕暮れにいもり池(池の平、ロッジから約2kmほど)へ黄昏散歩。 (”黄昏れる” 確か、この表現が 映画”めがね” の中で出てきましたよね。古い映画ですが、なんとも言えない温かい気持ちにしてくれる映画だったのを思い出します。) やっぱりいいな〜 何も言葉はいらないし、今日1日を振り返って今日も素敵な1日をありがとうっと感謝して、そして自然の美しさの中を ”無” で散歩。 高齢者の母とこうして元気に散歩できることにも感謝。 皆さんにとっても素敵な1日でありましたように。  

らっきょうの甘酢漬けに挑戦!

昨年母が作って送ってくれたらっきょうの甘酢漬けがとてもおいしかったので、今年は自分で挑戦! まずは泥を落として皮剥き。そして一晩塩漬けしてから甘酢に漬けるという、やってみると実は至って簡単。 さて、美味しい甘酢らっきょうができるのか楽しみ〜  

BBQ 試運転開始!

週末は良いお天気だったので、今週から(6月6日月曜日)の雨模様の天気予報を見て今日しかない!っと早速私たちだけでこっそりBBQ試運転を楽しみました。 肉材には勿論オージースタイル肉汁たっぷりのソーセージは外せません。そして、お肉が得意でない私用にも野菜たっぷりの材料を用意して、BBQ試運転?の夕食に大満足。 欲を言えば夕方6時を過ぎるとちょっと肌寒かったかな〜 (昼間の半袖姿から、長袖Tシャツに着替え、苦笑) でも、小川のせせらぎを聞きながらのBBQはいつも二重丸!!!   (笑顔)

新緑の戸隠

先日(5月28日)久しぶりに戸隠に行ってきました。東京からの友人を戸隠神社へ案内でしたが、うっかり土曜日だったことを忘れていました。(涙)しかも、今月はまだ長野の善光寺のご開帳もあり、前代未聞の参拝者の大行列に山の上にある奥社前で遭遇しびっくり!!! 帰りは奥社の雑踏を離れて随身門から片道30分ほどのハイキングで鏡池へ。この日はドピーカンの快晴で戸隠連峰も時間を忘れるほど見とれる美しさでした。 帰り道の参道には、今シーズン最後でしょうか? 水芭蕉がまだ一輪咲いていました。 混雑していても、どんな時でも、戸隠はやっぱり神聖なる美しい場所だなと再確認させられた1日でした。 (戸隠はロッジから車で40分です)  

Almost ready for the BBQ season

Living in such a changeable and dramatic seasonal changes presents a few challenges, the lodge grounds have to be stripped bare before the onset of winter and stored in multiple places until the spring arrives then the task starts to drag it all out again and get it ready for the warmer months.