2017, 2018, & 2019

+81 255 77 4093

English/Japanese Speakers

Myoko Mountain Lodge

1455–3 Ooaza Taguchi
Myoko-Shi, Niigata–ken
Japan 949–2106

English Page

ロッジ日記

紅葉@上田城址公園

昨日はちょっと時間があったので、上田城址公園までちょっとドライブに出かけました。(高速を使って約1時間) 妙高高原を出発するときにはちょっと雨模様だったのですが、長野県に入ると、そして上田に近づいてくるとチラチラと青空が見えるほど。 やっぱりこんなにお天気が違うんだな〜っとつくづく。 期待していた以上にまだ紅葉が楽しめましたよ。でも、冬の北風がめちゃくちゃ冷たくて寒かった〜(苦笑)

干し柿

秋と言えば田舎の軒先によく見られる光景、そう ”干し柿”!!! 今年は我がロッジでも挑戦してみることにしました。  ロッジがオープンしてからかれこれ5年のおつきあいになるお客様が、お庭に沢山なっているからと渋柿をわざわざ愛知県から持ってきてくださったのです。(涙)ありがとうございまーす! 美味しい干し柿ができるといいな〜

妙高高原の夕暮れ

今日も本当に幸せでいい1日だったな〜っと感じるのはこの風景を見ているからだろうか? 目の中にしっかりと納めたくてずーっとこの風景に見惚れていた。 雲海の上に浮かぶ妙高山。わずかに顔を出している火打山。そして、日が沈み始めて山のシルエットが浮かび上がってくると同時に、あっ飛行機雲が! 時が止まってしまった瞬間だった。明日も皆さんにとっていい日でありますように。

秋景色

晩秋の候 今朝はなんとも気持ちのいい朝の光が寝室の窓から見え、思わず飛び起きてカメラを手にして撮った写真。川沿いの土手の草たちも夏のような活発さはなく、紅葉からの落ち葉と一緒に素敵な雰囲気を醸し出してくれています。 こんな眺めを見ながら日曜の朝はゆっくりとコーヒーを片手に1日のスタートも悪くないですね。

妙高山でハッピーバースデー!

生憎の曇り空ではありましたが、常連さんのお誕生日に妙高山へご一緒してきました。実はこの山行には理由があって、このお誕生日の方のお父さんが何十年も前にここ、妙高山の鎖場に鎖をかけられた方だそうです。しかも、鎖をかけた後に、頂上で逆立ちをした写真まで実家のアルバムに残っていて、これはなんとしても妙高山に登ってその鎖を見てこなければ!という事で計画されたわけです。紅葉も少しずつ始まっていて、鎖場を登られる時も一歩一歩鎖をしっかり握り締めながら感動の登山を楽しまれました。勿論頂上で待っていたものは、特製のバースデーハットとケーキでした。同行してくれた皆さん、ありがとう!  

野尻湖

野尻湖は本当にいつ来ても良い。ロッジから車でたったの15分。 普段はウインドサーフィンを楽しむところだけれど、今日はいざ出発!と思ったら風がバッタリと止んでしまった。。。(涙)でも、野尻湖はただ眺めているだけでも心が穏やかになれて良い。そうこうしている内に、SUPのグループがやってきた。今日は無風でSUPには最適。私は水辺の広場(公園)でそんな彼らを見送っていました。 野尻湖、お天気に関係なく絶対にオススメのスポット。

信越トレイル セクション3

今日は信越トレイルセクション3を歩いて来ました。涌井から富倉峠を通って桂池テントサイトでランチ。途中、なんとも言えない黄金色のカーペットの飯山盆地にうっとり。 このセクションは上杉謙信が川中島での戦いの時に兵士を休めた大将陣跡とか明治時代に商業道路として栄えたことなど、歴史を感じさせる箇所が多々残っており、また色々な意味で自然の宝庫でもあるとっても魅力的なトレイルでした。 でも、蚊取り線香は絶対に必需品ですね〜(苦笑)

少しずつ紅葉が始まりました

朝晩は急に涼しくなってきた妙高高原です。すっかりロッジ日記をご無沙汰してしまってごめんなさい。。。(涙) 今年の夏は半端なく猛暑だったのと高湿度で頭の回転が非常にスローでした。というのは単なる言い訳ですが、最近ようやく涼しくなってきてエンジンがかかり始めました。(苦笑) 朝のランニングコースもその日の気分で色々変えるのですが、今日のコースではなんと紅葉の兆しがちょこちょこと顔を出し始めていました。朝晩の気温が15度前後となるとやっぱり秋というのが正しい表現でしょうか? 紅葉記録でも作ってみようかな〜っとロッジ裏川の小川の今日の様子を写真に収めました。1週間後にはどんな感じになっているかが楽しみです。

野尻湖で最高の水遊び、カヤック体験!

日中の温度が31度まで上がった真夏日、昨夜からお泊まりのゲスト家族がカヤック半日コースを体験をされました。場所は野尻湖にあるUCDIパドルスクール。 ”初めての人にでもとってもわかりやすい説明で、最初から最後まで本当に楽しい体験だった!”とのお言葉。真っ青な空の下での半日コースはあっという間に終わってしまったようです。もちろん、夜の夕食の場では今日のカヤックの話でかなり盛り上がっていましたよ。(笑顔)